きっかけのお話

  • 2010.05.02 Sunday
  • 00:58
きょうは、明治神宮会館で行われたガイアシンフォニーの試写会にうかがいました。
このような外出は本当に久しぶりで、清清しい晴れの日、心身ともに癒され励まされ、たくさん充電をすることが出来ました楽しい
☆感謝の一日でした☆

誘ってくださったのは、千葉のMさん、
5月22日には、Mさんのマンションでガイアシンフォニーの上映会と、ShienTokyoの展示会を企画してくださっていますラブ
その流れで今日は、新作第7章の試写会に参加することにしました拍手

ShienTokyoがNPOになって一年を迎え、
何がなんでもとにかくやり続ける!って感じで走ってきましたが、
これからの方向性や、サポートしてくださる方とのコミュニケーションの大切さをひしひしと感じ、優先する意識が出てきた気がします。

で、今日の試写会を観て、

『受け入れることのスタミナ』という感覚を得ました。

これは、高野孝子さんがおっしゃった言葉ですが、
すごく心に響きました。
http://www.ecoclub.org/showindex.php?lang=ja&genre=3

●断るのが苦手で、つい引き受けてしまう私・・・

<以前> 人に嫌われるのが怖いから、やるはめになる。
     →自己犠牲を払っているという感覚で苦しみました。

<最近> 自分を育んでいる=修行感覚で受け入れる。
     →充実しているが、楽しんでいる!という感覚は、
      今ひとつでした。

<NEW>『受け入れることのスタミナ』をつける
     →自分が『受け入れることのスタミナ』をつけて
      より強く自分を生きようとするポジティブな感覚!
      →すごく腑に落ちる感覚でしたひらめき

●どうして、カンボジアの支援をしているの?

 縁があったから。 
 誰かがやらないと!と思ってお受けしました。
 →受身でしたね!

 一年やってみて振り返ると、自分なりに模索しながら精一杯やってきた「道」が出来ていました。困難と感じることも沢山ありましたが、何とか今日までやってくることが出来ました。
本当にShienTokyoに携わってきて良かったです☆

これからは、ますます多くの「人」や「事」との出会いを受け入れて、楽しくスタミナをつけて行きたいと思います。

カンボジアのシルク村の人々と共に歩み、自然と調和しバランスのとれた自立を目指して行きたいと思います。

いつもご支援いただきまして、ありがとうございます。