2011年春の新作

  • 2011.03.23 Wednesday
  • 01:15
東日本大震災から、早10日以上が経ちました。
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
そして一日も早い復興をお祈り申し上げます。

「私たちの中で何かが、変わった…」
この経験を生かし、これからの毎日を、より愛と思いやりと勇気を持って、生かされていることに感謝し、自分に出来る精一杯で、
歩んでいきたいと思います。

************************************************************

地震後、生まれた新作をご紹介します!

身体にとてもいいシルクを、もっと沢山の方に、喜んでお召しいただけるにはどうしたらいいか?をいつも考えていました。
シワになりやすかったり、取り扱いがむずかしいものは、やはり敬遠されますよね…
それから、いかにもお出かけ着というのも、着る機会がなかなかないですし…

で、今回は、
単独手洗いして、しぼって干すだけのクリンクルシリーズ
を紹介させていただきますおてんき

シワを気にせず、ナチュラルにカジュアルにらく〜に着ていただけますラブ
サイズもほぼフリーサイズになっています。

一人でも多くの方に、シルクの良さを体験していただく為に
価格も抑えました。



up着丈96cmのワンピース(フリーサイズ)
 ¥10000



up着丈124cmのティアード・ロングワンピース(フリーサイズ)
 ¥15000

星首に巻いているのは、草木染ショールの新作です
 ベトナム産シルク ¥6500 淡ピンク 
 クメールシルク  ¥8500 イエロー(プロフ)
              えんじ(ラックカイガラムシ)



ご興味のある方のお問い合わせ、お待ち申し上げております。



オーダーその1

  • 2009.02.06 Friday
  • 12:07
オーダーでご注文いただいた作品が出来上がりました拍手

。嗟佑茲衢住擦蓮○ぐらいで、こういう場面で着る、こんなイメージの服が欲しいのだけれど〜 というご依頼がありました。

▲妊競ぅ鵑鬘卸燭環鶲討靴泙靴拭

デザインをお選びいただきました。

ぅ汽ぅ困鯆座廚轡肇錺襪濃邵遒鮑遒蠅泙靴拭

ゼ尊櫃砲会いしてトワルチェック(試作のご試着)をさせていただきました。 両身頃と片方の袖の試作をつくり、座ったり腕を挙げたりなどして着心地や ゆとりを確認しました。

色もお薦めの中からお選びいただきました。

Д僖拭璽鵑鮟だ気窟裁断→本縫い→仕上げ→完了おはな


今回は、色違いで2着ご注文をいただきました。
同じデザインでも生地の色やボタンが違うので
違う雰囲気でお召しいただけると思います。

実際にお召しいただいてどうか?
楽しみでもあり・・・
お気に召していただけるか・・・
とても気になるところです。




 

研究その1

  • 2009.02.01 Sunday
  • 02:04
“研究っていったいどんなことをやっているの?”
シェアして欲しいというご要望もいただいていたのですが…

正直なところ、
カンボジアシルクの問題点について公表することは、
果たして良いのだろうか?という疑問もありまして
なかなか、ブログに書こうという気持ちになれませんでした。

でも、今オーダーをいただいたスーツを縫いながら
もっとこうしてみよう!と思うところが色々出てきたので
これは、実際に縫ってみないとわからないことだな〜と思い
私の歩みとして書いてみようと思いました。

背伸びするのでもなく
等身大の自分で精一杯やっているということであれば
それでよいのでは?と考えを転換して
ブログを書いてみることにします。


今、縫っている生地は、
日本製の染料を使用したカンボジアシルクです。
色落ちの点では、心配は無いのですが
生地の風合いが硬く、手織りの為横糸がほつれやすいという問題があります。
その対応として今までも縫い代に適切と思われる巾のハーフバイヤスの伸び止めテープを張ってきました。

今回のデザインは、セットインスリーブ(いわゆるジャケットの袖のこと)でウエストがシェイプしたジャケットとタックパンツ(いずれも総裏)
なので動きの大きいと予測される袖ぐりと股ぐりは、特に注意が必要と感じました。

総裏仕立てには、表地のロックミシン(縁かがり)をかけない場合があるのですが、念には念を入れ
表地の全ての縫い代(裏地でかくれる部分にも)に伸び止めテープを張り、ロックミシンをかけました。そして部分的にさらに補強したいところには、伸び止めテープの上からさらにミシンをかけました。ひらめき

また、袖付けは、裏地と表地を一緒に縫い合わせ、
縫い代は、パイピング始末にしました。

現時点で思いつく限りの補強をしてみましたが
実際に着ていただいて、本当にそうしたほうが良かったのか
うかがってみようと思います。

お客様からフィードバックいただき聞き耳を立てる
ヒントを頂戴して 一歩ずつ改良していこうと思います。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM